アマチュアプログラマとしての経験の利用

プログラマとして働くことを目指す人にとって、就職や転職活動で重要になるのは何よりも経験です。経験がなくてもあまり不利にならずに済むのは新卒者程度であり、中途採用や第二新卒での転職を考える際には多かれ少なかれ経験を持っていなければ募集内容によっては要件を満たさないという状況にすらなります。

企業によっては中途採用であっても未経験者を募集している場合もあります。これは自社のシステムに適応してもらうことを目的としていることが多く、研修や現場でのデバッグ作業等を通して学んでいってもらうという形をとっているからです。しかし、こういった道を選んだ場合には入社してから開発に携われるようになるまでに長い道のりがあることは稀ではありません。

より速やかに開発現場にたどり着きたい、あるいは経験者が期待されているような企業に勤めたいと考えるのであれば、実務経験を少しでも積んでおくことが大切です。比較的未経験者でも募集されている派遣のプログラマとして経験を積むという方法があります。一方で、アマチュアとしての経験を積むというのも評価されることに繋がります。個人やグループでソフトウェアやアプリの開発をした経験があり、それがある程度人気を集めたという客観的な指標があれば、それを経験として訴えかけることも可能なのです。そして、そういった経験が実際に期待されている仕事とマッチするとみなされれば道が拓けるのです。

また、異業種から転職してプログラマになることも可能です。その場合、覚えることがが山ほどありますが、異業種出身だからこその仕事ができるのは、さまざまな経験や知識があるからです。この強みをしっかりと開発案件で活かせることができるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です